Blog Posts (in Japanese)

Tags Categories

「初めての自動テスト」を読んだ

「初めての自動テスト」をご恵贈いただきました。発売してからだいぶ経ってしまいましたが、良い本だったので紹介したいと思います。 初めての自動テス

Google Homeはスマートプラグと「部屋」でグルーピングすると便利

Google Homeを発売日に買ってから色々と試行錯誤をして来ましたが、だいたい構成が固まって来たので書き残しておきます。 下の図が大まかな構成です。 図

2017年を振り返って

2017年を振り返って 昨年に引き続き、振り返っていきます。 2017年は仕事に家庭に激動の一年だった気がします。もはや、年初の方は覚えていない

2017年に買ってよかったもの

今年もあと少しで終わりですね。というわけで、今年買ってよかったものを書き連ねていきたいと思います。 去年のものはこちらです。 2016年買ってよ

ワンオペ育児がやってきたヤァ!ヤァ!ヤァ!

この記事は pyspaアドベントカレンダーの24日目です。昨日は しぶかわさんのローンの話でした。車のローンも繰り上げ返済できるから印税で返済し

オライリーから「仕事ではじめる機械学習」が出版されます

技術書典2で好評だった 技術書供養寺の薄い本が、この度技術書典3に合わせて商業誌になります!今回も Takashi Nishibayashiさんと ところてんさ

PyConJP 2017に参加した

2年ぶりにPyConJPに参加しました。2日間参加してきたので、メモがてら書いていきます。 興味深かった話 pandasとdaskのコミッターの

Pythonの環境構築を自分なりに整理してみる

先日、 kawasaki.rb の懇親会で「AWS LambdaのためにPythonはじめたいんです」とか「機械学習系の本を読み始めたので、そこに書いてあったcond

OSSベースの機械学習が強い理由

英語版は こちら。 TensorFlowの登場以降、OSSベースの機械学習の盛り上がりは加速しています。Kerasの作者の François Cho

グローバル企業でコミュニケーションを円滑にするための「異文化理解力」

同僚の Daisuke Kobayashi から勧められて、エリン・メイヤーの「異文化理解力」を読んだ。グローバル企業で働く人間として非常に示唆に富んだ良い本だった。 異文化理