Websocketを使ってリアルタイムに形態素解析をするmorph-websocketを作ってみた

morph-websocket画面 morph-websocket画面

WebSocketを使ってリアルタイムに形態素解析結果を出力する、morph-websocketを作りました。

テキストボックスに入力すると、リアルタイムで形態素解析結果が出力されます。

ソースコードは、いつものようにgithubに置きました。

https://github.com/chezou/morph-websocket

思いついたので、勢いで作りました。今まで、バッチ的にまとめて処理をしていたものに対して、リアルタイムで解析結果が変われば、何か見える世界が変わるかなーと思ったのですが、そんなに変わりませんでした。変わったのは寝る時間だけか。

最初はMeCabを使おうと思ったのですが、0.994のrubyバインディングがCreateModelできない現象にぶち当たって諦めました。なので、[Mykytea-ruby](http://chezou.wordpress.com/2011/07/15/kytea%e3%82%92ruby-python%e3%81%8b%e3%82%89%e4%bd%bf%e3%81%88%e3%82%8bmykytea%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f/ "KyTea:京都テキスト解析ツールキット をRuby, Pythonから使えるMykyteaを作ってみた")とRuby使ってます。

あ、ついでにMykyteaがKyTea 0.4.2に対応しました。

参考URL:

Avatar
Aki Ariga
Machine Learning Engineer

Interested in Machine Learning, ML Ops, and Data driven business.